通学途中の防犯の必要性

注目記事

日頃からの意識付けの重要性

子どもには防犯アイテムと防犯意識を持たせましょう 通学中の児童を狙った犯罪は今もなお絶えません。昔から、ひもを引っ張ると大音量でブザーが鳴る防犯ブザーや、防犯時に吹き鳴らす笛といった通学中など、子どもを狙った犯罪を想定した防犯アイテムが販売されて…

READ MORE

子供の安全を確保する為の防犯意識

一人で通学をする子供を守るための防犯対策とは 近年、子どもを狙った悪質な犯罪が後を絶ちません。特に子どもの通学時というのは無防備にさらされやすく、犯罪者に狙われやすい危険なタイミングです。今回は通学時の防犯対策として出来ることを紹介します。まずは…

READ MORE

通学中の子供の安全を守るためには

最近の日本では、小さな子供を狙った卑劣な犯罪も増えています。そしてそれは通学途中等子供だけでいる時間を狙った犯罪が多く、通学途中で行方不明になったというニュースを耳にする事もあるかと思います。地域によっては家の近い子供達がまとまって登校をする登校班がある地域もありますが、人口や土地柄等様々な事情もあり登校班がなく子供が一人で登校するという地域も多くあります。そのように子供が一人になる時間が多ければ多い程、犯罪に巻き込まれる可能性も高くなり心配な親御さんは多いでしょう。
かといって毎日送り迎えをするというのも難しく、様々な防犯対策が必要になってきます。まず基本とも言えるのは防犯ブザーでしょう。ランドセル等に常に取り付けておき、いざというときに大きな音を鳴らし助けを求める事が大切です。防犯ブザーはホームセンターや電気屋等様々な所で購入する事が可能です。ホームセンター等には他にも様々な防犯グッズは販売されているのですが、いざというときに咄嗟に子供が使うのは難しい事が多いです。
その為、まずは危険を回避するために子供の通学路を見直す事が大切です。人目の少ない所はなるべくさけて通り、草むら等人が隠れられそうな場所は刈る等地域の大人が協力して防犯対策を行う事が大切です。自治会等のボランティアで登下校の見守りをしている地域も多いですが、そのように地域で子供を見守るという事が一番の防犯対策と言えるでしょう。

通学時も注意!子供の防犯対策

最近は小さな子供を狙った犯罪が多くなっています。夜や遊んでいるときだけでなく、通学時に起こる犯罪も多く、心配ですね。学校や地域での防犯に対する意識は高くなっており、防犯ブザーを新一年生に配布する学校もあります。でも、防犯ブザーの正しい使い方をご存じですか?もし、不審者に会ってしまった時のことを想像してみて下さい。防犯ブザーのひもを引いて鳴らしたとしても、すぐに誰かが気付いて助けに来てくれるとは期待できません。実は防犯ブザーは、「鳴らしたあと遠くに投げる」が正しい使い方なんです。
人が来る前にけたたましく鳴るブザーを止めようと、不審者が拾いに行った隙に逃げるのが目的です。だから、ランドセルに防犯ブザーをつけるときは、いざという時引っ張ったらすぐに外せるようにしておかなければいけません。子供と練習しておくと良いですね。ほかにも、笛をひとつ持たせておくと、声が出ない時でも吹いて助けが呼べますし、災害時にも役立ちます。
ほかにも、ひとりで下校しない、裏道や近道を通らずに通学路を守る、留守電で鍵を持っているときはその事を他人に話さない、など、普段の指導でできる防犯対策はたくさんあります。防犯グッズを身に付けているだけでも「防犯に関心がある家庭の子供」だということを不審者に知らせることができます。子供を守るためにできる対策をしましょう。

Copyright(C)2018 通学時にも容赦なく迫って来る危険から防犯対策で回避させよう All Rights Reserved.