子供の安全を確保する為の防犯意識

注目記事

日頃からの意識付けの重要性

子どもには防犯アイテムと防犯意識を持たせましょう 通学中の児童を狙った犯罪は今もなお絶えません。昔から、ひもを引っ張ると大音量でブザーが鳴る防犯ブザーや、防犯時に吹き鳴らす笛といった通学中など、子どもを狙った犯罪を想定した防犯アイテムが販売されて…

READ MORE

子供の安全を確保する為の防犯意識

一人で通学をする子供を守るための防犯対策とは 近年、子どもを狙った悪質な犯罪が後を絶ちません。特に子どもの通学時というのは無防備にさらされやすく、犯罪者に狙われやすい危険なタイミングです。今回は通学時の防犯対策として出来ることを紹介します。まずは…

READ MORE

一人で通学をする子供を守るための防犯対策とは

近年、子どもを狙った悪質な犯罪が後を絶ちません。特に子どもの通学時というのは無防備にさらされやすく、犯罪者に狙われやすい危険なタイミングです。今回は通学時の防犯対策として出来ることを紹介します。まずはじめに防犯ブザーを持たせることを徹底しましょう。かなり認知度が高くなっている防犯対策グッズですが、効果はバツグンです。ただし注意点もあります。買ってしばらくは良いのですが、時間がたつと、内部の電池が切れてしまい、いざという時に使用できなくなってしまいます。日ごろからよく点検をしておくといいでしょう。
次に地域の方々との交流です。交流といっても何から始めればいいかも分からないし難しいでしょう。まず簡単なことは挨拶です。近所であったら会釈をしたり、軽く声をかける程度でよいでしょう。もし犯罪者がうろついている際に声をかけられると警戒されていることが分かり、犯行を諦める場合が多くなっています。最後に一人での行動は極力させないのが重要です。通学の際には友人と共に行動するのが良いでしょう。一人は格好の標的となってしまいます。やむを得ず、一人になってしまう場合は住宅街や幹線道路など人目の多い場所を通るよう心がけましょう。

子供たちの通学時における防犯対策について

世の中には様々な犯罪が起こっておりますが、中でも子供達が通学途中で犯罪に巻き込まれてしまうケースが少なからず見受けられます。そう言った犯罪から子供たちを守るにはどのような方法が良いのか、ご紹介致します。
【防犯グッズの活用】やはり、有事の時に役に立つ防犯グッズを子供たちに携帯させてあげましょう。例えば、防犯ブザーと言った大きな音が出る道具は定番ですが、他にも防犯ブザーやGPS機能が付いた子供用ケータイを渡しておく事も有効です。スマホと違い防犯に特化した機能となっており、登録された連絡先のみへの連絡制限を掛けたりもでますし、インターネットを利用した有害サイトへの接続もできない仕様となっておりますので安心してご使用できます。価格は1,000円~1,500円、月額200円~500円程度ですので、子供たちの安全性の確保の観点から携帯をご検討すると良いでしょう。
【少しでも警戒心をもたせてあげる】子供たちは防犯グッズを所持しているだけで安心だと考える事もあります。ですが、人気のない通学路と言った場所でいきなり誘拐をされたりしてしまう可能性もあります。ですので、子供の通学路を大人自身で確認し、こう言う道は危ない、こういう場所は車通りが激しいから注意と言ったように常に子供達に危険性を認識させ、必要に応じていざと言う時頭が真っ白にならない様に、ご自宅で練習をする事も大事です。

Copyright(C)2018 通学時にも容赦なく迫って来る危険から防犯対策で回避させよう All Rights Reserved.